学生を卒業し社会人として活躍する一人の人間として、会社の仕事を覚える事も大切ですが、マナーを学ぶ事も重要です

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
大人なら知ってて当然!基本マナーガイド

会社での新人教育で大事なのは社会人としてのマナーです

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
学生生活を卒業して、一人の社会人として、会社に入社し、真っ白な状態から色々な事を学び、青年から大人に成長します。
入社してから、新人教育として、仕事に関する事は勿論の事、それよりも、もっと社会人としての、大人のマナーを学ぶ、という常識の学びがあります。
挨拶から、礼の仕方、上座や下座、電話の対応等、学生時代では適当で良かった事が適当では通用しない立場になります。
基本的な常識やマナーを学ぶ期間を長めにとり、どこの会社等に行っても恥のかかない、一人の会社人として成長できれば理想だと思います。

そこで何故、それほど社会人としてのマナーや一人の大人としての教育が大事かというと、会社から一歩外部に出ると、失敗やミスは許されません。訪問先の会社で、マナーが出来ておらず、恥をかくと、その個人のミスだけでなく、その人が所属している会社全体の失敗であり、会社全体が恥をかく、企業の看板に泥を塗る、という事になるのです。

個人の失敗が、会社や企業全体の失敗や恥につながる事になります。
個人のダメージも大きいのですが、会社のダメージとなると、そのダメージの大きさは計り知れません。新人教育の間に徹底して、大人のルール、マナーや常識を学んでおかないと、大変な事になるという事です。

仕事の知識や仕事を覚える事も勿論大切ですが、マナーや常識があっての普段の仕事がある訳であり、社会人としてのマナーや常識を学ぶ、という事は、自分を磨く事も含め、一人の大人として成長していく上で、無くてはならない物、欠かせない物であると思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017大人なら知ってて当然!基本マナーガイド.All rights reserved.