社会人として身に付けておくべきマナーの1つである女性の服装について、実体験から得た情報の簡単なまとめ。

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
大人なら知ってて当然!基本マナーガイド

社会人なら知っておきたい服装のマナーについて。

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
就職や事務系のアルバイトなどの面接で「服装は自由」や「オフィスカジュアルでOK」などと言われることがあります。
一体どこまでがOKなラインなのかな?
と疑問に思う方も多数いらっしゃると思います。
私も社会人になりたてのころは結構悩んだものです。

一般的なマナーについては学校や著書・インターネットなどで情報を得ていますが、その中でも女性のオフィスカジュアルについてはあまり情報が無かったりします。
カジュアルと聞くと「ジーンスもOK?」と思いがちですが、実はジーンズはもともと作業着が発端。そのため、「え?
ジーンズ履いてきちゃったの?」という会社も多々あります。
もちろんジーンズもOKという会社も増えてきてはいますが、最初からジーンズを履いていくのは避けた方が良いと言えるでしょう。もし面接時に聞けそうなら聞く、というのも1つの手だと思います。

さて、では女性のオフィスカジュアルの定義とはなんぞや?
というところですが、残念ながら会社によって様々なのが実情です。

よく雑誌などで見かけるキレイ系やシンプルな服装なら、大きく外れることは無いでしょう。
例えばミニスカートにニーハイソックス、タンクトップやキャミソールなどは避けるべきですね。こんな格好を会社でしていると「何をしに会社に来ているんだ!?」と反感を買ってしまい、「まだまだ学生気分が抜けない」などと社会人としての意識が低いなんて評価されてしまったりします。
もちろん可愛い格好ではあるのですが、それはプライベートな時だけにしておきましょう。ピアスやネックレスなども会社・仕事内容によってはNGなところもあります。
でもちょっとはオシャレをしたい!というのが女性心。最初は小さく目立たないものを身に付け、先輩方のファッションをさりげなくチェックして、どこまでがOKラインか見極めると良いですよ。社会人として認められるには、最初が肝心。大変ですが、一般的なマナーも含めその会社毎にあるマナーを身に付けることも大切なことです。

Copyright (C)2017大人なら知ってて当然!基本マナーガイド.All rights reserved.