社会人と学生の間の内定式では、どのようなマナーに気をつけるかです。基本的には、会社の一員として振舞います。

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
大人なら知ってて当然!基本マナーガイド

社会人において内定式でのマナーを知る

大人なら知ってて当然!基本マナーガイド
大学の4年生になると就職活動をします。
なんとか内定を取れるように頑張ることになります。
この時気分は学生気分かもしれません。
しかし、会社相手に活動することになりますから、そのことを頭に入れておきます。
企業の側では、一応学生としてみてくれるところがあります。
少しぐらいのミスは突っ込まれることはありません。
でもあまりにも学生の態度が丸出しでは将来のことを考えられるでしょう。内定まで持ち込めないことになります。

内定を無事獲得することができたなら、その会社との一定の信頼関係が結ばれたことになります。
まだ学生ではありながら、半分社会人として認めてくれていることになると思います。
その思い出、最後の学生生活を過ごすようにします。
会社によっては、内定後色々と集まる機会を設けてくれることがあります。
その中で最も最初にあるのが内定式です。

内定が夏ごろに決まる場合、秋ごろに行われることがあるようです。

どのような態度で行くのが良いかです。

マナーとしては、ビジネスパーソンとしての意識を持っていくことです。

服装は、会社で仕事をすることを前提にスーツなどになるでしょう。自由にとあっても、会社での自由な服装はどのようなものかを考えます。
表情としては緊張するところですが、出来れば爽やかさを出したいところです。

会社の人にあったら笑顔で挨拶ができるようにしておきたいです。

挨拶に関しては、されてから行うよりも、先に挨拶をするように心がけます。

Copyright (C)2017大人なら知ってて当然!基本マナーガイド.All rights reserved.